金沢九谷焼 片岡光山堂 - 兼六園と金沢城を目の前に
大正9年より創業

兼六園横、石川門を目前に大正9年に開店。
初代は九谷焼の絵付師としても活躍していた、
三代続く老舗の九谷焼専門店です。

片岡光山堂 周辺地図(兼六園横、金沢城石川門前すぐ近く)
片岡光山堂 外観)

片岡光山堂は、
兼六園【桂坂口】を
出てすぐ右手にございます。

昔ながらのなまこ壁造りの建物が目印です。

 >> 詳しくはこちらを 

九谷焼 こだわりの品
金沢九谷焼 2017年己亥_1
金沢九谷焼 2018年己亥_2
金沢九谷焼 2018年己亥_3
金沢九谷焼 2018年己亥_4
金沢九谷焼 2018年己亥_5
金沢九谷焼 2018年己亥_6
金沢九谷焼 2018年己亥_7
金沢九谷焼 2018年己亥_8
金沢九谷焼 2018年己亥_9

気温がぐんっと下がり、冬の訪れを感じますね。
兼六園では冬の風物詩「雪吊り」が始まりました。

今回は、2019年の十二支最後、九谷焼の置物「亥」を紹介します。
2019年は「己亥」(つちのとい)という干支になり、「己亥」は時間をかけてじっくりと物事に向き合える芯の強さを持っていると謂われています。
また「己」には田園の湿った土を表し、「亥」には勇気や冒険という意味があります。
新年にあたり、九谷焼作品の干支は古来吉祥招福の縁起物として大変喜ばれております。

兼六園・金沢城をご観光の際には、是非片岡光山堂へお立ち寄りくださいね。

 >> その他の九谷焼はこちら 

周辺の観光案内
兼六園・金沢城

お店の正面には見事な石積みの石川門が間近に見え、兼六園にも隣接しています。
春夏秋冬と、四季折々の自然と豊かな風情を楽しむことができます。

21世紀美術館

21世紀美術館をはじめ、金沢能楽美術館、石川近代文学館、石川県立美術館、石川県立歴史博物館など、周辺には沢山の芸術関連施設が多く点在しています。

写真提供:金沢市